運行管理者試験に合格する方法

運行管理者試験に合格する勉強の仕方を紹介致します。




1,過去問を解く

とにかく過去問を解く。
まず、過去問を解くことによって出題のポイントがわかります。
また、運行管理者試験はほぼ同じ問題が形すら変えずに出てくる試験です。しかも、運行管理者試験は8割以上が過去問から出題されています。従って、過去問を多く解いておけば、問題文の途中まで読んだ段階でも答えが分かるようになります(一応、最後まで読んで下さい)。




2,インプット2割 アウトプット8割

毎年試験に落ちる方の傾向として、インプットを重視しすぎる方が多いです。
過去問をやるにはまだ早すぎるとご自身で判断してしまい、まだインプットをしないといけないと思い込み、ひたすらテキストを開いている方はまず落ちます。




3,薄いテキスト・問題集を選ぶ
知識の定着を図るには、何周も同じテキストを読み込んだり、同じ問題を解くことが効果的です。
分厚く、説明の充実したテキストは、独学の場合は1周目は良いのですが、何周もしようという気になれません。できたとしても時間や労力が多く割かれます。
分厚いテキストや問題集を3周するよりも、薄いテキストや問題集を10周してどこに何が書いてあるかまで覚えてしまうくらいの方が点数も取れるようになります。



関連記事

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

運管試験カウントダウン


プロフィール

螢雪舎(運管講座)

Author:螢雪舎(運管講座)
株式会社コンコルディアの運営する、運行管理者試験対策のブログです。当社では運行管理者試験のテキスト・過去問の販売、講義DVDの販売、御社まで伺っての訪問講義等を行っております。お気軽にメールフォームよりお問合せ下さい。

カテゴリ
ご意見・ご要望
当blogに対するご意見やご要望をお待ちしております。 運行管理者講座の御社まで伺っての出張講義に対する質問もお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...
月別アーカイブ
カウンタ
現在のPC版閲覧者数
カウンタ
Since 2015.04.09
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR